アラサーの生態

日々のあんなことやこんなこと

夏休み最終日

はい、子供の頃から社会人になっても毎年やってくる夏休みの最終日。

子供の頃は「明日から学校いやだ〜」

社会人になってからは「明日から仕事いやだ〜」

・・・何も変わってない

そんなことを思いながら、今年の夏休み最終日は近場を散歩して過ごしました。

f:id:JediS:20180815204328j:image

めちゃめちゃイイ感じのお散歩コース。意外にもあんまり人がいないんですよね〜。快適。

f:id:JediS:20180815204335j:image

しばらくブラブラしてたらいつの間にか日も暮れかけてて。

f:id:JediS:20180815204354j:image

月も姿を現して夜が近づいてきました。

明日金曜だし有給取ればよかったなーなんて思いつつ。

しょうがないので仕事に備えることにします。皆さんの中には僕と同じように明日から仕事という人もいると思います。頑張っていきましょーう!

 それでは今日はこの辺で!

日田への小旅行

小京都とも呼ばれる大分県、日田。

その日田にて美味しいステーキを食べてきたので記録します。

まず大分までは博多駅から「ゆふいんの森号」に乗って向かいます。

この「ゆふいんの森号」がすごいおしゃれなんですよね〜

f:id:JediS:20180815211138j:image
f:id:JediS:20180815211200j:image

天気も良くて、田園風景&飛行機雲、という何とも夏らしい光景を車窓から拝むことができました。

そんなこんなで日田駅に到着。

お目当ての店、「和くら」にもたどり着きました。

f:id:JediS:20180815210446j:image

レトロ感溢れるおしゃれな店内。
f:id:JediS:20180815210509j:image

カウンターからは三隈川が望めます。夕日が落ちる時間帯は更に綺麗な光景が見れるそうですよ。

それでは早速料理を頂きます。
f:id:JediS:20180815210443j:image

新鮮な野菜!このバーニャカウダソースがまたうまいんだなあ。ソースだけでも食べられるくらい笑
f:id:JediS:20180815210450j:image

肉が焼きあがってきました。レアで頂きます。もう言うまでもないかもしれませんが、めちゃめちゃ美味しいです!
f:id:JediS:20180815210502j:image

お肉を食べているうちに、野菜も焼きあがってきました。独特なのが、こんにゃく!皆さん焼いたこんにゃく食べたことありますか?意外にもこれが美味しいんですよね〜。シェフの方に話を聞くと、癖になって、こんにゃくだけ焼いてくれ、というオーダーをする方もいるみたいです笑
f:id:JediS:20180815210512j:image

この後も色々頂きまして、最後のデザート。どれも絶品でした。ご馳走様でした。ご飯を食べ終わった後は、店の裏にある三隈川を散策します。
f:id:JediS:20180815210457j:image

どうですかこの夏景。

ちなみに川にせり出してる足場は、「汲場」といって、往時はここで水を汲んだり洗濯をしたり、野菜を洗ったりしていたようです。今でも綺麗ですが、昔は更に清流だったんですね。
f:id:JediS:20180815210454j:image

なんか味のある橋があったので渡ってみると。。。↓
f:id:JediS:20180815210506j:image

サギがいたので、先日買ったコンデジのズーム機能を早速活用してみました!獲物を狙っている雰囲気を上手く切り取ることができたと思います。f:id:JediS:20180815210516j:image

そうこうしているうちに、サギ  の左側にまた別の小さい鳥(種類は分かりません。。。)がやってきましたので、サギと一緒に写してみました。

小さい鳥、見えますか?笑

 

以上、美味しい料理を食べることができて、お店のすぐ裏手の川で豊かな自然を楽しめるうえ、川べりを散策することで食べた料理を消化することもできるという一石何鳥にもなる素敵スポット、日田をご紹介させていただきました。

皆さんが少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです!

では今日はこの辺で!

 

波照間島 最南端の波照間ブルー

連日でお届けしている沖縄シリーズ、今回はとっておきの波照間島をご紹介します。

八重山諸島の中でも最も南に位置し、石垣島からフェリーで一時間以上かかるこの島、超絶海が綺麗です。ちなみに、「波照間島」という名前の由来は、「果てのうるま」

「うるま」というのは、「琉球」や「珊瑚」という意味のようです。

 

さて、そんな「果てのうるま」は実際どんな島なのか、早速見ていきましょう!↓

f:id:JediS:20180814131226j:image

他の離島と同じく一本道が続きます。車はほとんど通りません。観光する際は、自転車が小回りが利くので良いと思います。

黒島ほどではないですが、そこまで起伏が多いわけではないので、電動自転車があれば十分です。
f:id:JediS:20180814131156j:image

ヤギ発見!八重山の島ではヤギ遭遇率が高めです笑

それにしてもこのヤギ、あごひげが豊かで貫禄ありますね。。。
f:id:JediS:20180814131201j:image

「農耕車に注意」という標識は初めて見た気がします。

こんな雰囲気の道をぐんぐん進んでいくと。。。↓
f:id:JediS:20180814131205j:image

どーん。最南端の碑に到着!波照間島に来たからには絶対に訪れておきたいスポットです。ちなみに、小学校の社会の授業の習った通り、日本最南端の島は沖ノ鳥島ですが、あの島は無人なので、有人島での最南端はここ波照間島です。
f:id:JediS:20180814131231j:image

火サスに出てきそうな崖です。。。笑

でも海の青色が深く、崖に波が打ちつける様子もダイナミックで非常に見応えがあります。

しばらくこの雰囲気を堪能した後は、波照間ブルーを味わうため、ビーチへ移動します。
f:id:JediS:20180814131213j:image
道中また出会ったヤギ。好奇心旺盛で、こちらに寄ってきてくれました。

しばらく道を進んでいくと。。。↓
f:id:JediS:20180814131209j:image

見えてきました!ニシ浜!

こういう、海がチラ見えするロケーション、個人的に超テンション上がります笑

さてそのニシ浜の波照間ブルーを間近で見ると↓
f:id:JediS:20180814131146j:image
f:id:JediS:20180814131218j:image
f:id:JediS:20180814131222j:image

圧倒的。言葉を失うとはこのことです。一切加工せずにこの綺麗さ。写真でもこれだけ綺麗だということは、実物はとんでもないということがお分かりいただけるかと思います笑
f:id:JediS:20180814131151j:image

しかも観光客で溢れかえってるのを想像してましたが、意外にも人は少なく、静かな海が保たれており、その点も非常に高評価です。

 

はい、こんな感じで「果てのうるま」、波照間島を簡単にご紹介させていただきました。この島の海の綺麗さは、本当に写真では伝えきれないので、少しでもご興味を持っていただけたら是非一度足をお運びいただければと思います。国内にもこんな絶景があったのか!ときっと驚かれるかと思います。

それでは、今日はこの辺で!

小浜島② はいむるぶし

先日の投稿では、小浜島の島内をご紹介させていただきました。

今回は、宿泊施設「はいむるぶし」について簡単に話していきたいと思います。

 

敷地内に入るとまず目に入るのは↓

f:id:JediS:20180811112939j:image

水牛池にいる水牛です。「太郎」「おすぎ」「大二郎」の三頭が宿泊者を迎えてくれます。
f:id:JediS:20180811113004j:image

続いてヤギ!島内だけじゃなくはいむるぶしの園内にもいました。これ、写真には写ってないですけど子ヤギがいたのでお母さんヤギかもしれないです。

このような可愛い動物たちがいる敷地内ですが、気になるプライベートビーチはこんな感じです↓f:id:JediS:20180811113001j:image

どーん。どうですか!超絶綺麗でしょ!しかもプライベートビーチなので人混みもないです。

特にご注目いただきたいのは、海水の透明さ!↓
f:id:JediS:20180811113020j:image

どうですか?このクリアな水!

水中にとある動物が隠れてるのが見えると思います。その動物とは…↓
f:id:JediS:20180811112946j:image

とったどー。なまこでした!笑

久しぶりに触ったけどぷにぷにしてて気持ち良いなまこ。
f:id:JediS:20180811112943j:image

遠浅ビーチ最高です。
f:id:JediS:20180811112953j:image

陸にあがって散策。綺麗な海を眺められるという絶好のロケーションにあるブランコ。フォトジェニックすぎる。そしてこの場所に現れたのが…↓
f:id:JediS:20180811113016j:image

「さんぴん」という名前の馬!絵になりますね〜。はいむるぶしで乗馬体験を申し込むとこの絶景を望みながら馬に乗ることができます。海の浅瀬まで入ってくれます。そしてこの「さんぴん」、めちゃめちゃ良い子です。基本的に乗り手の指示にばっちり従ってくれます。基本的に、というのは、たまに食欲に負けて草を食べに行っちゃうことがあるからです笑まぁそういうところも可愛いんですけどね。

そんなこんなで夜になると…↓
f:id:JediS:20180811112936j:image

月と海とブランコ!フォトジェニック(2回目)!
f:id:JediS:20180811113013j:image

周りを見渡せば、南国らしい風景が広がってます。そしてさらに夜が更けると…↓
f:id:JediS:20180811113008j:image

月が明るくてライトいらず。月が綺麗な夜も素敵ですが、月が出てない日はその分輝く星空が見えるそうですよ。

ちなみにここ「はいむるぶし」に文字をあてると「南群星」となるそうです。次は星空を見てみたいなあ。

そして夜が明けて…↓

f:id:JediS:20180811112950j:image
海を見ながら好物のそばを頂きました笑

普段はおしゃれ感なんてない沖縄そばですが、らこんなロケーションで食べるとおしゃれ感も味わえます笑

 

以上、今回は小浜島のリゾートホテル、「はいむるぶし」をご紹介させていただきました!

すっっごく良いホテルで、ゆっくり滞在するには「超」オススメです。

皆さんが少しでも興味を持ってくれると嬉しいです!それでは今日はこの辺で!

小浜島①

ちゅらさん

皆さんご存知でしょうか。

僕が小学生の頃にNHKで放送されてたドラマです。国仲涼子がかわいかった。

ここ小浜島は、そのドラマの舞台となった島です。すごく素敵な島で、個人的に八重山諸島の中でもかなり好きです。

以下簡単にその雰囲気をご紹介していきます!

f:id:JediS:20180811114133j:image

まずヤギ!黒島は牛がいっぱいでしたが、小浜島はヤギが多くてかつ人懐っこいような印象を受けました。

そして島の中を進んでいくと…
f:id:JediS:20180811114125j:image

出ましたシュガーロード!

ちゅらさんで一気に有名になったスポットです。この真っ直ぐな一本道、見てるだけで爽快です。
f:id:JediS:20180811114141j:image

牛さんに遭遇。
f:id:JediS:20180811114117j:image

お、またまたヤギ。今度は群れでのご登場です。
f:id:JediS:20180811114137j:image

アップで撮ってみると…面白い表情してくれました笑
f:id:JediS:20180811114114j:image

馬もいます。色んな種類の動物がいて島内巡りが楽しいです。
f:id:JediS:20180811114121j:image

そしてビーチ!人も少なくて快適です。青い海に青い空、最&高。

昼間の海ももちろん綺麗ですが、皆さんにお見せしたいのは…↓
f:id:JediS:20180811114144j:image

朝焼けです!どうですかこの色合い!幻想的じゃないですか⁉︎?そしてもう少し時間が経つと…↓

f:id:JediS:20180811114130j:image

こうなります!THE 朝焼けって感じですね笑

小浜島、こんな感じで昼から朝まで素敵な時間を過ごせます。皆さんが少しでも興味をもってくれたら嬉しいです。

それでは今日はこの辺で!

黒島

夏休みシーズンなので、それっぽい記事を投稿してみます。

沖縄は石垣島、からさらにフェリーで少し揺られたとこにあるハート型の島。それが黒島です。人口よりも牛の数の方が多い(!)という何とものどかな島です。

 

では、黒島の魅力にフォーカスしていきます!

f:id:JediS:20180810195605j:image

船を降りてまず目に入るのは、この鳥居!「保里御嶽」というそうです。

厳かな雰囲気がすごい!
f:id:JediS:20180810195533j:image

そして御嶽から少し歩くと、早速出ました。牛・・・のオブジェ笑

さすがは牛の島です。ちなみにここにある店で自転車を借りました。島内の移動は基本的に自転車となります。黒島は、坂もなくてめっちゃ平らなので電動じゃなくてもスイスイ進めますよ!

f:id:JediS:20180810225349j:image

こんな感じの一本道を進んでいきます。信号もないし、車もほとんど通らないし、風を切って進むのが気持ち良いです。
f:id:JediS:20180810200255j:image

快調に進んでいると・・・出ました!オブジェじゃない本物の牛!笑

仔牛です。かわいい。

f:id:JediS:20180810195553j:image

大人の牛もいました。うまそーに草を食べています。それにしても良い表情してるなあ。

f:id:JediS:20180810225549j:image

いっぱいいます。

f:id:JediS:20180810195541j:image

さらに進んでいくと、今度は牛のベンチ発見。徹底してるね〜牛の島。それよりもベンチの奥、見えますか?海!沖縄らしい海が近づいてきました。
f:id:JediS:20180810195549j:image
たどり着いたのは、「伊古桟橋」

ここ、最高です!竹富島の西桟橋と似たようなロケーションですが、個人的には断然こっちがオススメ。西桟橋よりもだいぶ橋が長いんです。そして、人も少ないので、橋の先の方まで行くと、人の声も聞こえません。聞こえるのは、波と風の音、それだけ。そんな贅沢な時間が流れています。

 

以上ざっと説明させていただきましたが、ここ黒島は、八重山諸島の中ではマイナーな島だと思いますが、逆に言うとあまり観光地化されておらず、「島」の雰囲気が残っています。

ぜひ、皆さんも一度足を運んでみてください。

牛たちがお出迎えしてくれますよ!笑

それでは今日はこの辺で!

 

散髪

さっぱりしてきました。

さっぱりついでに誰の得にもならないであろう僕のサロン事情を語ります。笑

僕は、東京にでてきてからかれこれ10年ほど経ってるんですが、せっかく東京にいるんだからオシャレなところで髪切りたい!ってことで上京以来ずっと表参道にあるサロンに通ってました。

 

「表参道で髪を切る」という行為自体にアイデンティティを感じていたわけです。

でも最近その心持ちも変わってきまして。

要は時間がかかるんですよね。職場からは割と近いんですけど家まで遠い。一時間超。しかもカット代も馬鹿にならない。一回で約7000円。

 

そこで、今回は家から比較的近い美容室を試してみました。ドアトゥードアで20分。カット代約5000円。そして大事な技術の方は…普通に上手👏

 

オシャレ感にこだわるよりお金だったり時間だったりといったところに価値を置くようになったあたり何か年取ったなあと思います笑

でも、こういう心境の変化って、アラサーあるあるなんじゃないかと思うんですけどいかがでしょうか?

「分かるわあ〜」と心の中で頷いてくれると嬉しいです笑

それでは今日はこの辺で!